電動シュレッダー買ってみた コクヨのシュレッダーはおすすめかも

買ったもの

確定申告の時期になりました。

って、まだなんにもやってないけど。汗

早いもので脱サラして自営業をはじめてから10年が経ちます。

もう帳票類の保管義務期間を過ぎたものがあるので、そろそろ処分をと思っていたのですが今まで手動のシュレッダーを使ってたこともあって、億劫で先延ばしにしてました。

今回電動シュレッダーを購入したので、手動と電動の比較などレビューしてみたいと思います。

青色申告の書類の保管義務期間は?

白色申告と青色申告の2種類ありますが、わたしは控除額の大きい青色申告をしています。

正規の簿記の原則(複式簿記って言います)により記帳している場合は、青色申告特別控除というのが受けられて、最高65万円を所得額から差し引くことができます 。

白色申告だと帳簿付けが簡単なものでいいかわりに、青色申告のように特別控除などの恩恵が一切ありません。

白色申告はやったことないのでよくわからないんですが、白色申告も平成26年から帳簿の記載や保管が義務化されたので、青色申告とそれほど手間は変わらないそうです。

領収書やら損益計算書、貸借対照表、決算書などの保管期間は7年となっています。

税理士さんの話では、一応7年となっていますが5年分も保管しておけば十分なんだそうです。

もし税務署の監査が入ってもせいぜい3年分しか調べられないそうです。

といっても、一応決まりは決まりなので7年は保管しておいたほうが無難ですけどね。

一年分の帳票類の枚数ってどのくらい?

私のところみたいに超零細個人事業主でも、領収書を含めた帳票類は年間で数百枚にもなります。

普段は郵便物の宛名を消すのにコロコロスタンプを使っていますが、大きな書類の広範囲を消すには手間ですし、インク代も馬鹿になりません。

A4サイズの手動シュレッダーも使ってますが、さすがに数百枚はしんどい。

もう処分してもいいものが3年分も溜まっているので、下手すると千枚は超えてきそう。

気が遠くなって来たので「電動シュレッダー買おう!」となったわけです。

電動シュレッダー購入の条件

一口に電動シュレッダーと言ってもピンキリです。

調べてみると、家庭用と謳っているものだと2,000円台から15,000円くらいのものが多い。

はじめは年に1回くらいしか使わないだろうから、2,000円台の安いやつにしようかと思ってました。

でも、結局最終的には7,000円くらいのものを購入しました。

電動シュレッダー購入の4つの条件

  • A4サイズのものがそのまま裁断できるもの。
  • コピー用紙で5枚位まで重ねて裁断できるもの。
  • 連続使用時間ができるだけ長いもの。
  • 動作音が静かなもの。

この中で上から2つはシュレッダーの仕様をみればわかるんだけど、下の2つは使用状況や個人的な感覚で違ってくるので、シュレッダーを購入した人の口コミを見て判断することにしました。

特に動作音が静かな「静音仕様」を謳っているものは数が少ないんですよね。

ということで絞ったのが以下の3点。

最初は一番下のアイリスオーヤマのにしようと思っていたんだけど、買って数ヶ月で壊れたというレビューが多く目についたので却下しました。

どうもモーター部が過熱しやすいようで、2~3分で停止するだの書いてあるし、中には扇風機で冷やしながら使用しているって書き込みもあったくらい。

恐らく構造的欠陥なんじゃないだろうか。

アイリスオーヤマの他の商品もいろいろ見てみたんだけど、総じて同じようなレビューが多いようなので、このメーカー自体避けるべきだと判断しました。

そんな中、アイリスオーヤマ製シュレッダーのレビューの中に、コクヨ製に買い替えたというものがチラホラあったのでコクヨ製を見てみると、上記の条件にピッタリ当てはまるじゃないですか。

ということで、私が購入したのは 一番上のコクヨ製シュレッダーKPS-X80S ビターブラウン。

もう一つのコクヨ製AMKPS-MX100Wは「超静音」と謳っていて迷ったんだけど、53dbと50dbの違いしかないみたいです。

連続使用時間も10分と12分で2分程度のビミョーな違い。

裁断枚数も5枚と6枚の違いであまりアドバンテージが感じられませんでした。

そして最終的には丸っこいフォルムとビターブラウンというカラーがあったこと、価格も1,000円ほど安いということで決めました。

コクヨ シュレッダー KPS-X80Sを使用したクチコミ・レビュー

コクヨ 電動シュレッダー KPS-X80S

早速箱から取り出して裁断開始。

コクヨシュレッダー  KPS-X80S 裁断中

うーん、静か。

想像していたよりかなり静か。

電動シュレッダーを今まで購入しなかった理由の一つに、騒音のことがあったんですが、これなら夜中や早朝でも大丈夫。

もちろん寝てる人の横でやったら殴られますけど。

一応コピー用紙5枚まで同時裁断可能とありますが、常にMAXでやってると壊れるのが早いかもしれないので、3枚を目安に使用しました。

たまに5~6枚くらい投入しても、多少音が大きくなるくらいでスピードも落ちずパワフルに動いてくれました。

驚いたのが、紙が斜めに入ってしまった時。

しばらくやってるとうっかり斜めに入っていったりすることもあったんですが、斜めに入ると最後のほうで縁がクシャクシャになって結構負荷がかかるんですね。

それでもスピードが落ちることもなかったのが驚きでした。

気になっていた連続使用時間も45Lのゴミ袋が2つパンパンになる直前まで動いてくれました。

最終的に45Lのゴミ袋2つがパンパンになったので、あと少しというところでしたが、思ったよりたくさん裁断できた印象です。

今回は3年分の書類を一気に裁断したけど、普段はこんなにやらないと思うのでこれだけ使えれば十分かな。

途中、シュレッダーのゴミ箱がいっぱいになってるのに気づかず、紙をつまらせるところだったので、こまめなゴミ捨ては心がけたほうが良さそうです。

ゴミ受けBOXは十分な大きさ

裁断くずの大きさですが、結構大きめかと思います。

幅は4mm程度、長い方で約40mmくらいでしょうか。

もうちょっと小さいほうがいいかなという印象ですが、私的には別段不都合は感じない大きさです。

対象物を差し込むと自動で動き出して裁断し終わると自動停止します。

「デスクサイドシュレッダー」とあるので、電源入れっぱなしで机の横にでもおいておけばいいんでしょうけど、普段はよほど使わないのでしまっておこうかと思ってます。

年に一回程度の使用でも、これがあると思うと書類の処理が億劫じゃなくなりますね。

コクヨ製シュレッダー KPS-X80S 買って良かったと思える商品でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました