ダイナミックプライシング キボンヌ 自分の仕事は忙しい時期ほど安くしないと売れない。

フリーランス

自営業を始めた頃から疑問というか不満に思っていることがある。

それは、世の中の価格の決め方。

私は、自営業でお客さん相手に商品とサービスを売っています。

ダイナミックプライシングって何?

需要と供給に合わせて価格を決定するとを「ダイナミックプライシング」というんだそうです。

もしくは、価格を高くすることによって需要を抑制したり分散させたりすることだそうです。

わかり易い例を挙げると、飛行機や新幹線、ホテルや旅館の料金などがあります。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始など、需要が高い繁忙期は宿泊費や運賃がくっそ高くなるやつです。

そういった年に数回の連休時期だけでなく、平日と週末でも料金は違うのが当たり前になっていますよね。

じゃあ私達のような仕事ではどうかと言うと、全く逆なんですよね。

他社との競合に負けないように、普段よりも大幅に安い料金設定にしたキャンペーンをやらないといけないんですよ。

しかも広告費も結構掛けないといけないんですよね。

飛行機や旅館のような価格設定できないのはなんで?

私が今までしてきた仕事の中に旅行業の営業があります。

観光バス会社で「うちのバス使って旅行して下さいー。」って言う仕事でした。

そういう経験もあってか、「忙しい時期は料金高いもの」っていう意識があります。まぁ、一般的な感覚だとは思いますが。

でも私のような違う業界の小売業で、「繁忙期だから高くしたい」けどできないのはなんでなんでしょうか。

飛行機や旅館、ホテルと私のような小売業とは何が違うのか?

答えは簡単で、「需要と供給とのギャップの差がどれくらいあるか」ってことなんですよね。

飛行機や新幹線でいえば、 たった数日の短期間の数少ない便に何万人という膨大な需要が流れ込むんだから、そりゃ需給のギャップはすごいもんですよね。

それに対して私の仕事なんか「壊れたら買い換える」ものなので、時期が集中しようがない。

しかも、「不便だけど数日なら別にどうにでもなる」んですよね。

さらに同じような業者なんていくらでもあるわけです。

ダイナミックプライシングを導入するには金がいる

結論から言うと、私みたいな業種でダイナミックプライシングを導入しようと思ったら、莫大な資金が必要になるんです。

有名なものや人気のあるものは「高くても欲しい」「待ってでも欲しい」と思いますよね?

そう思ってもらうには、どうすればいいか。

とにかく知ってもらわないと始まりませんよね。

よく「どんなにいいものを作っても知ってもらえなければ売れない」と言われます。

知られるようになるにはどうすればいいか?

単純に広告費が必要になってくるわけです。

結局必要なものは・・・

結局必要なものは・・・金なんじゃーーーーーーーーっ!!!

ってことですよね。あぁ。そうですよね。

お金は寂しがり屋だからお金のあるところに集まるんでしたね、そうでしたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました